専門学校教員・大学講師のお悩み解決を支えるサイト
ブックマークした記事一覧
TOP 記事 1クリックでガラッと配色チェンジ![配色(テーマの色)]ボタン【知って得するWordの小技①】
Bookmark

1クリックでガラッと配色チェンジ![配色(テーマの色)]ボタン【知って得するWordの小技①】

2021.03.08 (最終更新:2021.07.08) 記事 業務効率化

連載知って得するOfficeの小技

ウイナレッジを運営する株式会社ウイネットのロングセラー教材「Officeクイックマスターシリーズ」より、今日から使えるOfficeの便利機能をご紹介します。

Wordで作成したカラフルな文書。作ってみたはいいものの……なんだか配色がしっくり来ない。
そんなときは[配色(テーマの色)]ボタンで配色を一括変更しましょう!
プレビューを見ながら色々試せるので、気に入る配色がきっと見つかります。

Wordの「配色(テーマの色)」とは?

Word(Excel・PowerPointも)には、「配色(テーマの色)」というカラーパレットのようなものがあります。
この配色は、[デザイン]タブの[配色(テーマの色)]ボタンで変更できます。

初期設定では「Office」というテーマの配色が設定されます。「Officeといえば」という感じの配色だと思います。

「Office」のテーマの配色。
おなじみの色合いです。

上の画像のカラーパレットの「テーマの色」ブロックから選んだ文字の色や図形の塗りつぶしの色などは、配色を変更すると一括で変更されます。

[配色(テーマの色)]ボタンで好みの配色を選ぶ

[デザイン]タブの[配色(テーマの色)]ボタンをクリックすると、たくさんの配色パターンが表示されます。

それぞれのパターンにカーソルを合わせると、文書ウィンドウでプレビューを見ることができます。

プレビューを見ながら「これだ!」という配色を見つけます。

配色を変更すると、カラーパレットの中身が変わります。

テーマ「マーキー」の
カラーパレット

「テーマ」には他にも……

ここではテーマの配色だけをご紹介しましたが、Officeの「テーマ」は配色だけでなく、フォント(書体)や段落の間隔、効果などの組み合わせからなるものです。

簡単に文書の印象を変えられるテーマの機能。
見やすく分かりやすい文書の作成に役立つことと思います。
ぜひ参考にしてくださいね!

ウイナレッジを運営しているウイネットは、Microsoft Officeアプリケーションの使い方を学べる教材も制作・販売しています。
今回紹介した「配色」や「テーマ」の使い方は、『Word 2019クイックマスター応用編』第2部Chapter2で詳しく解説しています!

Officeクイックマスターシリーズでは豊富な画面キャプチャーとともに手順ごとに丁寧に解説しているので、初めてOffice製品を使う人が一から学習するのにぴったりです。
「Wordはなんとなくで使えているし……」という方も、実は知らない機能がたくさんあるかもしれません。
弊社のロングセラー教材で一度体系的に学習してみませんか?

オススメ教材
Word2019クイックマスター応用編

文章の校正や変更履歴の記録、画像の編集など、Wordがもっている高度な機能や美しい文章の作成テクニックが学べるテキストです。 Office365ユーザーの方にもご利用いただけます。

この記事を書いた人
株式会社ウイネット

株式会社ウイネット

ウイナレッジを運営している出版社。
全国の専門学校、大学、職業訓練校、PCスクール等教育機関向けに教材を制作・販売しています。

お問い合わせ
LINE登録
メルマガ登録
LINE登録
メルマガ登録
トップへ戻る