実務教育・職業教育に関わる皆さまにお役立ち情報をお届け!

実務教育・職業教育に関わる皆さまにお役立ち情報をお届け!|ウイナレッジ WE KNOWLEDGE

実務教育・職業教育に関わる皆さまにお役立ち情報をお届け!

TOPコラムトレンド新しい学校のリーダーズって何者?注目される3つの理由や人気曲を調査

新しい学校のリーダーズって何者?注目される3つの理由や人気曲を調査

2023.11.01 (最終更新:2024.02.09) トレンド コラム

若者を中心に注目を集めている「新しい学校のリーダーズ」。テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられるようになったため、名前だけは耳にしたことがある先生も多いのではないでしょうか。

本記事では、新しい学校のリーダーズが注目を集める理由や人気の曲を徹底調査しました。若者の流行を知りたいと考えている先生は、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

新しい学校のリーダーズとは?

最近になって人気に火が付いた「新しい学校のリーダーズ」ですが、一体何者なのでしょうか。メンバーやブレイクするまでの歴史をまとめました。

4人組のダンスボーカルユニット

新しい学校のリーダーズは、4人組の女性ダンスボーカルユニットです。「模範的なヤツばかりが評価されるこの時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく」をコンセプトに、パワフルなダンスと個性的なパフォーマンスを武器に活動しています。

ブレイクしたのは2023年ですが、彼女たちが活動を開始したのは2015年。デビューしてすぐ売れたのではなく、8年の下積み時代を経てのブレイクだったようです。現在は日本だけに留まらず、「ATARASHII GAKKO!」名義で世界デビューも果たしています。

結成理由は特になし

グループで活動する場合、何らかのきっかけがあって結成されるケースも多いですが、彼女たちの場合は特にないそう。そのため、インタビューなどで結成理由を聞かれても「4人が交差点ですれ違った瞬間に結成した」「新しい時代の風に呼ばれた」など、様々な回答をしているようです。

人気ラジオ番組のオールナイトニッポンでは、結成理由のアイデアをリスナーから募集していました。

年齢は全員20代

新しい学校のリーダーズは以下の4人で活動しています。

メンバー

名前インスタ誕生日年齢
MIZYUmizyu_leaders1998年12月22日24歳
KANONkanon_leaders2002年1月18日21歳
SUZUKAsuzuka_leaders2001年11月29日21歳
RINrin_leaders2001年9月11日22歳
※年齢は2023年10月現在

デビュー当時は全員中高生で、セーラー服に腕章姿で活動していました。20代になった現在も、変わらぬ衣装で活動を続けています。

新しい学校のリーダーズは何がすごい?注目を集める3つの理由

新しい学校のリーダーズは何がすごいのでしょうか。注目を集める理由を3つ紹介します。

  • 今までにない独特な世界観だから
  • パフォーマンスのクオリティが高いから
  • 今×レトロが刺さったから

それぞれ見ていきましょう。

今までにない独特な世界観だから

制服と腕章姿からも伝わるように、独特な世界観を持ったグループです。動画を一度観たら、強く印象に残る先生も多いのではないでしょうか。なかでも、メンバーSUZUKAの見た目は真面目な委員長を思わせますが、誰よりもパフォーマンスやノリが「ぶっ飛んでいる」と話題です。ほかのグループにはない雰囲気や世界観で、多くの若者の注目を集めています。

パフォーマンスのクオリティが高いから

新しい学校のリーダーズのすごさは、独特な世界観だけではありません。ダンスと歌唱力のクオリティも高いと評判です。彼女たちは、歌詞だけ見ると重そうに見える恋愛の歌も明るくエネルギッシュに歌います。物怖じせず楽しそうに歌って踊る姿に、思わず楽しい気持ちになる視聴者は多いようです。

今×レトロが刺さったから

新しい学校のリーダーズの歌は、どこか懐かしいメロディーを思わせながらも、今どきの音楽性やノリも取り入れた楽曲に仕上がっています。Z世代のなかではレトロブームが続いているため、「今×レトロ」がうまくマッチしたことも、ブレイクの要因となったのではないでしょうか。

新しい学校のリーダーズは売れないから解散するって本当?

Web上で「新しい学校のリーダーズ」と検索すると「解散理由」「売れない」などの関連キーワードが表示されることがあります。

そのため、売れていないから解散するという噂もあるようです。しかし、公式ホームページを確認しても解散については明記されていません。また現在は、世界デビューも果たすほどの人気ぶりなので、売れていないというのもデマといえるでしょう。

売れないと言われていたのは、2015年の活動開始からブレイクするまでの期間を指していると推測されます。

ほかにもリサーチすると「下品」「苦手」と感じる人がいることもわかりました。確かに個性的なパフォーマンスと世界観のため、人を選ぶかもしれません。

ただし、最初は抵抗を感じていても、あとから徐々にハマる人が続出しています。先生も一度観たらその魅力にのめり込むかもしれません。

SNSでも以下のようなコメントが見受けられました。

昨日初めて新しい学校のリーダーズっていう人たちを知ったんだけど、最初は下品だな〜と思いつつ色々見てたらいつの間にか、すずかちゃんのカリスマ性に魅了されてた

新しい学校のリーダーズ最初ちょっと抵抗あったけど、今日だけでオトナブルー何回見たべか…歌うまいし曲もダンスもめちゃくちゃ良いクセになる

新しい学校のリーダーズ人気曲3選

多くの曲をリリースしている新しい学校のリーダーズですが、特に人気の3曲を紹介します。何を聴くか迷う先生は、まず以下の曲から聴いてみてはいかがでしょうか。

  • 大人ブルー
  • マ人間
  • 青春を切り裂く波動

それぞれの曲の特徴を解説します。

オトナブルー

ブレイクのきっかけとなった曲が「オトナブルー」です。プロデューサーはKlang Ruler(クラングルーラー)のボーカルとしても活動するyonkey(ヨンキー)。

昭和と令和のサウンドが融合した楽曲と、サビの部分で首を左右に動かす「首振りダンス」が、多くの若者の心を掴みました。

マ人間

パワフルで強烈な歌詞が印象的な「マ人間」は、力強い彼女たちの歌声と見事にマッチして聴く人の心に刺さる一曲です。

テレビ朝日金曜ナイトドラマ「警部補ダイマジン」のオープニングテーマ曲に起用されています。

青春を切り裂く波動

カッコいいパフォーマンスが人気の「青春を切り裂く波動」。BiSHなどを手がける松隈ケンタが楽曲提供したロックナンバーで、疾走感のあるメロディが聴いていて気持ち良い一曲です。

こちらもドラマ「対ありでした。〜お嬢さまは格闘ゲームなんてしない〜」の主題歌に選ばれています。

まとめ

独特の世界観で多くの人を魅了する女性4人組ユニット「新しい学校のリーダーズ」。強烈な個性を放っていることから最初は苦手意識を持つ若者もいるようですが、徐々にハマる人も続出しています。

疾走感のある曲を明るく楽しそうに歌う4人の姿は、見ていて元気になれますよ。気分を上げたいときに、動画を視聴してみてはいかがでしょうか。

こちらも読まれています

この記事は役に立ちましたか?

\ぜひ投票お願いします/
この記事を書いた人
鶴巻 健太

鶴巻 健太

新潟在住のメディアディレクター
ウイナレッジのコンテンツ編集を担当
朝は農業を楽しみ、昼はスタバのコーヒーと共にパソコンに向かうのが日課

週間アクセスランキング

週間アクセスランキング

お問い合わせ
LINE登録
メルマガ登録
LINE登録
メルマガ登録
トップへ戻る